善玉菌のチカラと乳酸菌EC-12の違いと選び方についてです。

 

女性に多く見られる便秘。

 

便秘は、あらゆる悪影響を私たちの体にもたらします。
例えば、むくみや体重増加。
そして、食欲不振や肌荒れを起こす要因にもなりかねません。

 

そんな便秘によるリスクを回避するべく、腸内の善玉菌を増やしてくれて腸内環境を改善するのに効果的なのが、善玉菌のチカラと乳酸菌EC-12です。

 

この2つの乳酸菌はサプリメントになっており、いつでも気軽に摂取できて高い効果を発揮すると評判です。

 

今日は、善玉菌のチカラと乳酸菌EC-12の違いと選び方についてご紹介しようと思います。

 

◆まず、善玉菌のチカラですが、こちらのサプリメントはカスピ海ヨーグルトに採用されているクレモリス菌FC株という乳酸菌を使用しています。

 

クレモリス菌には、ほかの乳酸菌にはない「粘り」が特徴的で、この粘り成分が体の中から整えてくれるお手伝いをしてくれます。
フジッコ善玉菌のチカラの効果と口コミ

 

さらに、生きて腸まで届く力強い乳酸菌と言われているので、高い即効性が期待できると評判です。

 

◆次に、乳酸菌EC-12ですが、こちらは1個に対して1億兆個のフェカリス菌を採用しています。

 

商品の特徴として、あえて生菌ではなく死菌を取り入れることで、消化・分解を阻止して、より効果を実感できるような作りになっています。
久光製薬の乳酸菌EC-12お試しの口コミと腸内改善効果

 

善玉菌を増やしながら便秘解消に高い効果を発揮します。
詳しくは→久光製薬の乳酸菌(EC-12)まずはお得なお試し用で。

 

では、どちらがより効果的かというお話になりますが、乳酸菌と善玉菌の相性は個人差が大きく、どちらが効果的かということは一概に言うことができません。

 

そのため、より効果がある方を選択するというのが長く効果的に続けるコツです。

 

まずは気になる方から試してみて、より効果を実感できた方を選んでみてはいかがでしょうか。

 

m