腸内環境を整えて美肌でダイエットになるこつ

「腸内環境を整えましょう」という言葉を最近よく聞くようになりましたね。

腸内環境が悪いと、便秘がちになるということはわかっていたような気がしますが、腸内環境が悪いと、他にも影響があるのですね。

腸内環境が悪化すると、老廃物や毒素が体内にたまり、便秘になったり反対に下痢をしたり、肌荒れやニキビができやすくなったりすると言われています。

他にも、代謝が落ちて太りやすくなったり、アレルギーがひどくなったり、口臭の悪化や病気にもなりやすくなったり、癌になりやすくなるとも言われています。

これからの原因が全て腸内環境の悪化というわけではありませんが、原因と1つして考えられています。

便秘だけでも辛いですからね。

腸内環境を整えたいと私も思っているところです。

子供の頃は便秘とは無縁で、社会人になり時間に追われた毎日を送るようになり、更にそのころから本格的なダイエットに取り組むようになり、気づいたら便秘体質になっていました。

当時は、休日に下剤を飲まないとダメなくらいになっていました。

これではよくないと思い、食事や生活習慣を見直したものの、一度悪くなったものは簡単に改善されませんでした。

その後も便秘体質は改善されないままです。

きっと極端な食事制限やストレスなどもあり腸内環境が悪くなってしまったのでしょう。

今も、どちらかというと便秘体質なので、どうにか腸内環境を整えたいと思っています。

そこで普段できる腸内環境を整える方法を調べてみました。

まずはストレスがたまらないようにすることです。

そうは言ってもストレスがない毎日なんて無理ですよね。

ですから、上手にストレス発散することです。

ストレス発散とダイエットを兼ねて軽い運動をするのも良いですね。

運動をすると、血流促進で筋肉の緊張がほぐれて、腸内環境が改善すると言われています。

また腸内細菌の善玉菌を増やすと良いので、善玉菌を増やす生活を心掛けましょう。

お腹が冷えると、悪玉菌が元気になり、善玉菌が弱るので冷えないように水分は夏でも常温の水やお茶を、冬は温かいものを飲むようにしましょう。

冷え性は太りやすいので、冷え性を改善することも大切です。

食べ物は、食物繊維が多く含まれている野菜や果物を積極的に摂りましょう。

善玉菌が増えやすいオリゴ糖を積極的に摂ることもオススメです。

砂糖の代わりにオリゴ糖を含むてんさい糖を使うのも良いですね。

オリゴのおかげを使うのも良いと思います。

穀物は精白していないもの、例えば胚芽米は、善玉菌の一種の乳酸菌の餌になるのでオススメです。

味噌汁や納豆などの発酵食品も良いですね。

味噌や漬物には、植物性乳酸菌なので、ヨーグルトやチーズなどの動物性乳酸菌とは違い、良いと思います。

もちろん動物性乳酸菌も良いので時々摂るようにしてください。

乳酸菌とオリゴ糖を両方効率よく摂りたいですね。

善玉菌を増やすための食生活も大切ですが、肉や揚げ物といった悪玉菌が増える食べものは控え、野菜をたっぷりバランスの良い食事を心掛けましょう。

食品添加物もよくありません。

先程も紹介しましたが、カイテキオリゴは善玉菌を増やしてくれるのでオススメです。
カイテキオリゴで便秘改善と下痢も解消した体験

また優光泉酵素ドリンクも良いですよ。
優光泉(ゆうこうせん)

毎日の食事や運動、サプリメントや酵素ドリンクなどを上手に取り入れて、腸内環境を整えたいですね。

us