慢性の下痢と腹痛で辛い!腸内改善で治る?

慢性の下痢と腹痛で辛い!腸内改善で治る?

2週間以上続く下痢を「慢性下痢」と呼ぶと知っていますか?

腹痛を伴うほど激しい下痢は、精神的にも身体的にも苦痛を及ぼします。

今回は、そんな辛い慢性下痢をできるかぎり改善していく方法をご紹介いたします。

慢性下痢の主な理由って?

慢性下痢には大きく分けて3つの原因があります。

1つめは、心因性のものです。

これはストレスや精神面の悩みを取り除かなければなかなか改善につながらない、難しいものです。

2つめは、感染症が原因となっているものです。

感染症が原因の場合は、他の症状なども現れてきますので比較的原因に気付きやすいです。

こちらは病院にいって治療するのが好ましいですね。

最後は腸内環境の乱れが慢性化してしまっていることによる下痢です。

できればこちらは自分でできる改善方法があれば行いたいですよね。

腸内環境を改善しよう!

腸内環境を整えるには、食生活の改善が1番です。

避けるべき食べ物は脂質の多い食べ物や肉類、嗜好品などがあげられます。

また、味の濃いものや刺激物ばかり食べているのもよくありません。

アルコールもそうですね。

実際、これらのものを飲み会や外食でたくさん摂取した時に腹痛や下痢が起こることは少なくないのではないでしょうか。

逆に、食物繊維や発酵食品をバランスよく食べていれば、腸内環境が整いやすくなります。

食生活で整えるのは案外日常で意識するだけなので簡単にできます。

適度な運動をしよう!

また、運動不足の場合にも腸内環境が良くない状況だと言えます。

適度に身体を動かすことで内臓の動きを活発にすることができます。

おすすめは有酸素運動や軽い体操のようなものを定期的に行うことです。

腸の蠕動運動に働きかけ、便通を正常なものにしてもらうのです。

強すぎる運動や体に過度な負担がかかるものは、腸の機能を一時的に停止させてしまいますので限度に気をつけましょう。

ストレスでも腸内環境が悪化!

最後に重要なのがストレスです。

身体のことですが、心因的な要素も腸内環境には大きく働きます。

ストレスがたまっている状態では真の腸内改善はできないと言って良いでしょう。

ストレスを感じている場合、自律神経の関係でホルモンバランスがどうしても乱れてしまいます。

ホルモンバランスが乱れると、体内に様々な不調をもたらします。

腹痛や下痢もそのうちの一つです。

ホルモンバランスを整える副交感神経が優位に働くようにするには、あまり思い悩まずにリラックスした状態で過ごすことが1番効果的だと言えます。

また、下痢や腹痛を気にしすぎるあまりストレスを感じ、悪循環に陥ってしまうこともあります。

これは避けなければなりませんので、ひどくなる前に病院に言って専門医に診てもらいましょう。

腸内環境を改善することは、下痢や腹痛を治す第一歩です。
黒梅日和(くろうめびより)のメリットとデメリットの対策
是非、普段から気をつけてみてくださいね。
公式サイト↓
黒梅日和

u