腸内フローラとは?ダイエット効果もあるの?

最近よく耳にする腸内フローラという言葉をご存知ですか?

フローラといえばお花をイメージできますが、人体には、それぞれ部位(皮膚,上気道,口腔,咽頭,胃,腸管,膣,尿道)毎に異なる常在細菌が居り、好む者同士でグループを作って生きています。その多種多様な組み合わせの様子が、お花畑のように見えることからフローラと呼ばれています。

腸内フローラとは腸の細菌のあつまりのようなものです。

20世紀後半,腸内フローラの研究は飛躍的に進展し,腸内フローラの培養法の開発,空気中で生息出来ない細菌(腸内嫌気性菌)の増やし方、観察方法が確立されてきました。

現在でもその研究は続いています。

さて、同じものを食べていても太る人とそうでない人がいるのはなぜでしょうか?

それは腸内フローラと肥満には密接な関係があるからです。

腸内フローラが改善されると太りにくい体になるといえます。

こで私たちが気になるのは、腸内フローラを改善するためにはどうすればよいか?ということです。

広く知られているのは乳酸菌やビフィズス菌などに代表される善玉菌・大腸菌などに代表される悪玉菌があります。

善玉菌は食べ物を分解し、免疫力を高める働きがあります。

悪玉菌はたんぱく質を腐敗させ毒素を作り病気のリスクにつながります。

この二つのほかに腸内細菌の中で一番多いのは日和見菌です。

日和見菌とは善玉菌が優勢の場合は善玉菌を、悪玉菌が優勢の場合は悪玉菌を応援します。

そのため善玉菌が優勢の腸を整えることが大切になります。

成人の腸内細菌は「バクテロイデス門」と「フィルミテクス門」の二つが優勢となっています。

俗にいう「やせ菌」が「バクテロイデス門」で「でぶ菌」と呼ばれているのが「フィルミクテス門」です。

「バクテロイデス門」とは善玉菌を好む日和見菌といわれています。

なぜ「バクテロイデス門」が「やせ菌」と呼ばれているのかというと、バクテロイデス門の細菌が食べ物を分解する時に排出される探査脂肪酸が脂肪細胞に働きかけ脂肪を体に取り込むのを止める働きがあるからです。

逆にフィルミテクス門の細菌は食べたものからエネルギーをたくさん取り込み肥満につながると言われています。

ダイエットに効くらしい短鎖脂肪酸ってナニ?

「バクテロイデス門」を増やすためには善玉菌を増やすのとほぼ同じといわれています。

善玉菌・悪玉菌・日和見菌を含め他膨大な数の腸内フローラはお互いに影響を及ぼしながら腸内環境を維持しているので例え、「バクテロイデス門」だけをサプリメントで摂取したとしてもあるべきバランスに徐々に戻っていくでしょう。

大切なのは食生活やストレスにより腸内バランスを崩さないことです。

腸内フローラを改善する場合の食材のポイントは3つあります。

1・食物繊維
2・発酵食品
3・オリゴ糖

野菜や海藻などの食物繊維は善玉菌のエサとなり善玉菌を増やす働きをします。

納豆や味噌、チーズなどの発酵食品には善玉菌を活性化する働きをします。

バナナや大豆、玉ねぎ等で摂取できるオリゴ糖は、胃や小腸で吸収されることなく大腸まで達してビフィズス菌(善玉菌)のエサになってくれます。

サプリメントの活用という方法もあります。

食物だけでは不足しがちなものをサプリメントで取り入れる場合、バイオジュニックというものもあります。

バイオジュニックとは腸内フローラを介せず直接体に取り込み結果的に腸内フローラを整えるもので研究がすすめられています。

以上より、腸内フローラを改善するとダイエットにいいというのは大きな関係があるようです。

食生活を気をつけ腸内フローラを増やし、脂肪を取り込まない体つくりをしてみませんか?

◆食生活を注意していても、便秘がちだし、痩せないよという方は、カイテキオリゴを飲んでみてください。

普通のオリゴ糖と違って腸内のすべてのビフィズス菌の栄養になるので腸内フローラを整えるのに最適なんです。

複数の特殊技術でのオリゴ糖なので、効果も高いですよ。
カイテキオリゴで便秘改善と下痢も解消した体験
私も夫も飲んで、便秘改善や下痢改善、肌荒れニキビ改善にダイエット効果と嬉しいことがいっぱいです。

粉で溶けやすく飲みやすいのも良いですよ。

ご飯や味噌汁に入れて摂ることもできます。
公式サイト↓
便秘改善で腸内改善デトックスのカイテキオリゴ

DSC_0567