スルスルこうそとラクビ(LAKUBI)を比較します。

ダイエットにはどちらがいい?

酵素の魅力と言えば、ダイエットにつながるという点です。

しかし、本当に腸内環境を整えてくれたりダイエットにつながる酵素サプリというものは、限られていると考えられます。

そんな数少ない商品の中でも、高い実感力と確かな信頼性を誇るのが、「スルスルこうそ」と「ラクビ」ではないでしょうか。

この2つの商品は、下剤のような働きをする成分を入れてデトックス効果を謳ったりしているものではなく、どちらも真に健康や美容につなげることを第一に考え、研究開発されたものです。

今回は、この「スルスルこうそ」と「ラクビ」のそれぞれの特徴や違いを見ていこうと思いますので、どちらを選んだらよいのか迷っている方は参考にしてくださいね。

スルスルこうその特徴

まずは、スルスルこうそです。

スルスルこうそは、管理栄養士が監修して開発された本物の酵素サプリメントと言えます。

植物性発酵素材を採用し、それらがしっかりと消化酵素として働いてくれます。

人のカラダには元々酵素が存在するのですが、その生成量は限られている上に年齢とともに減少していきます。

そして、備わっている限られた酵素は消化と代謝に振り分けられて使われるのですが、食事量が多かったり消化に時間がかかるものを多く摂取していると、酵素の多くが消化に使われることとなって代謝の分が少なくなってしまいます。

すると、代謝の悪いカラダとなりますから太りやすくなったり、肌の代謝も悪くなってエイジングサインが顕著に出るようになったりするのです。

そんな時にスルスルこうそで本物の酵素を補給してあげると良いのです。

補給した分の酵素が消化のほうに使われますので、もともと備わっていた体内酵素は代謝のほうへ回せるんですね。

つまり、スルスルこうそはしっかりと消化酵素として働き痩せやすい体質へと導いてくれる効果が期待できます。

炭水化物が大好きな日本人にもぴったりですし、食事制限が苦手な方にもスルスルこうそは、オススメと言えます。
スルスル酵素で腸内改善になる仕組み

ラクビ(LAKUBI)の特徴

次にラクビ(LAKUBI)です。

ラクビ(LAKUBI)は、腸内フローラに着目して開発されたサプリメントです。

腸内フローラとは、腸内にお花畑のように広がっている腸内細菌を指します。

この腸内フローラを良好に保ち、腸内環境を整えることを主眼において開発されたのがラクビです。

ラクビ(LAKUBI)は、ダイエットサポート成分である短鎖脂肪酸を作り出す酪酸菌を1,700万個配合しています。

ラクビ(LAKUBI)は、腸内フローラにおいて短鎖脂肪酸を生み出しやすくなっているのが特徴です。

短鎖脂肪酸とは、脂肪細胞に働きかけて脂肪の肥大を止めてくれたり、全身の代謝をアップしてくれたり、免疫力を上げてくれるという働きをしてくれます。

つまり、ラクビ(LAKUBI)で腸内フローラにおいて短鎖脂肪酸がうまく作り出せれば、太りにくく痩せやすくなるというわけです。

さらにラクビ(LAKUBI)には腸内環境を整えるのに効果的な善玉菌の餌となるオリゴ糖や、糖の吸収を阻止する効果に優れているサラシアエキスが含まれています。

スルスルこうそとラクビの選び方

このように、スルスルこうそとラクビには大きな違いがありますが、どちらもダイエット効果が高いことでも知られています。

実際に試してご自身に合うほうを選ぶのが一番なのですが・・・

食事制限が苦手だったりつい食べ過ぎてしまうという方はスルスル酵素からどうぞ。

詳しくは→お得なスルスルこうそ公式サイトはこちら

 

もともと太りやすい体質だったり太りにくい体質を目指したいという方はラクビから始めてみてください。

ラクビは人気の口コミ記事をチェックしてみてください。
お得な公式サイト案内もこちらです。
ラクビ(LAKUBI)の口コミとダイエットになるのは本当?

 

 

詳しくは→ラクビ公式サイト

uGs