スルスル酵素と久光製薬の乳酸菌EC-12の違いと選び方

管理栄養士が作った「スルスル酵素」と久光製薬の「乳酸菌EC-12」はEC-12という同じ種類の乳酸菌を使用しています。

 

そのため、どっちのサプリを選んだらいいのか迷う人もおられるでしょう。

 

そこで、2つのサプリの違い選び方をご紹介したいと思います。

 

◆まず、スルスル酵素は「酵素」という商品名からも分かる通り、消化酵素が配合されています。

 

5つの消化酵素を含んでいる小麦発酵エキス、80種類の素材から抽出した野草発酵エキスなどがふくまれており、消化を助ける役割をしながら、乳酸菌EC-12によって腸内の善玉菌を増やすサポートをしてくれます。

 

消化を助ける働きが高いのがスルスル酵素です。

レビュー→スルスル酵素で腸内改善になる仕組み

 

◆一方、久光製薬の乳酸菌EC-12は、ヨーグルト100個分の乳酸菌(1兆個)が含まれているサプリなのがポイントです。

 

とにかく他の乳酸菌サプリよりも乳酸菌の量がすごいということですね。

 

また、乳酸菌といえば、胃酸に弱いため、腸にほとんど届かないんですが、あえて乳酸菌を死菌にすることで胃を通過し、腸まで確実に届く処理をしています。

 

乳酸菌を死菌にして全て善玉菌のエサにすることで善玉菌を増やし、腸内環境を改善するのが久光の乳酸菌EC-12なんです。

レビュー→久光製薬の乳酸菌EC-12お試しの口コミと腸内改善効果

 

このように、乳酸菌だけでなく酵素も入っているかどうか、生きている乳酸菌かどうかなどの違いがあります。

 

どちらも腸内環境の改善に優れたサプリです。

 

◆あえて選ぶなら・・・

 

胃もたれしやすく、消化不良で胃腸の調子の悪さに悩んでいる人ならスルスル酵素がおすすめです。

詳しくは→【スルスルこうそ】

 

胃の調子は悪くないけれどガスがたまりやすい、便秘がちなのが気になるという人は、久光の乳酸菌EC-12を選ぶと良いです。
詳しくは→久光製薬の乳酸菌(EC-12)まずはお得なお試し用で。

0-01
y