カイテキオリゴは、プレバイオティクスなの?どんな効果?

「カイテキオリゴ」という商品について紹介したいと思います。

その名の通り「カイテキオリゴ」はオリゴ糖を主な原材料とし、日本で一番売れているオリゴ糖です。

さらに1種類だけではなく、複数のオリゴ糖を組み合わせてできているため、
体感も大きいのです。

今回はそんな「カイテキオリゴ」がなぜ便秘解消によいのかというお話をしたいと思います。

そもそも、「オリゴ糖」が腸に良い影響を与える事は有名でご存知の方も多いと思います。

オリゴ糖とはプレバイオティクスの一種で、腸内の善玉菌のエサとなり、善玉菌の働きを活発にしたり、善玉菌の数を増やす働きがあります。

私たちの腸は、善玉菌・悪玉菌・日和見菌で構成され、善玉菌が優勢のになると、便秘の解消につながったり、ダイエット効果が高まったり、健康や美容にもよりよい影響を与えます。

その反対で悪玉菌が優勢の時は、さまざまな病気の原因となります。
また、年齢を重ねるとともに悪玉菌の数が増える傾向にあります。

そのため、プロバイオティクスと呼ばれる善玉菌を含んだ食物をとるほかに、プレバイオティクスと呼ばれる、オリゴ糖などを摂取する事により、善玉菌を活性化し腸内環境を整える必要があるのです。

次にオリゴ糖とは何かについて触れたいと思います。

オリゴ糖とはブドウ糖や果糖などの単糖類が結びついたもので、善玉菌のエサとなり、腸内環境を整えるのに役立ちます。

オリゴ糖は、私たちがに日常的に食べている国乙や野菜、果物、ヨーグルト、味噌などの発酵食品にも含まれています。

オリゴ糖の多くは小腸でほとんど消化吸収されないので血糖値が高い方でも安心して取り入れられるものです。

またカロリーも普通の砂糖の半分ほどで、ダイエット中の方にとっても取り入れやすい糖です。

もともとオリゴ糖の有効性が発見されたのは、赤ちゃんのの腸内細菌の研究からです。

母乳で育った赤ちゃんは、粉ミルクで育ったあかちゃんよりもビフィズス菌が便から多く発見されました。

しかし、粉ミルクにオリゴ糖を加えて赤ちゃんに摂取させると、母乳で育った赤ちゃんと同様に、便から多くのビフィズス菌が確認できたのです。

このようにオリゴ糖には腸内のビフィズス菌等の善玉菌を増やす働きがあるとわかったのです。

オリゴ糖を効率的に体内に摂取するためには、サプリメントが大変有効といえます。
カイテキオリゴで便秘改善と下痢も解消した体験
「カイテキオリゴ」はオリゴ糖を凝縮したサプリメントですので、取り入れることで、腸内環境を整えて、美容やダイエット、そして健康によりよい影響を与えてくれるのです。
公式サイト↓
便秘改善で腸内改善デトックスのカイテキオリゴ

DSC_0567