乳酸菌で腸内環境を改善

乳酸菌で腸内環境を改善して整える働きについてです。

 

乳酸菌と聞くと、まず頭になにが浮かぶでしょう?
真っ先に、腸内環境改善ではないでしょうか。

 

乳酸菌と腸内環境改善の関係について、詳しくみていきたいと思います。

 

そもそも乳酸菌ってなんでしょう。

 

乳酸菌と一言で言っても、何十種類も何百種類もあるのです。
その中でも、有名でよく知られているのは、ごく一部にすぎません。

 

乳酸菌は、菌の名称ではなく、糖を分解して乳酸を作り出す菌の総称なのですね。

 

実は、ビフィズス菌は乳酸菌には属しませんが、一般的にはビフィズス菌も乳酸菌として知られています。

 

乳酸菌は、発酵食品に多く用いられています。

 

ヨーグルトやチーズなどを作るときには欠かせないものです。
yogurutoe

このような乳酸菌、腸内ではどのような働きをするのでしょう。

 

腸内には、善玉菌(乳酸菌も含む)と悪玉菌が存在しています。

 

悪玉菌が多くなると、腸内バランスが崩れるので、不調をきたします。

 

善玉菌が優位な腸内環境を整え維持することで、調子がよくなるということです。

 

善玉菌と悪玉菌は常に競い合っているという解釈をされていいと思います。

 

この時、善玉菌を増やし優位にしてくれるのが「乳酸菌」です。

 

乳酸菌は、腸内を良い環境にするサポートをするのが役目です。

 

善玉菌が優位にたてるよう働き、その結果、腸内環境が整うのです。

 

◆乳酸菌を豊富に含んでいて腸内環境を改善!と人気なのが善玉元気です。
善玉元気は腸内改善デトックス効果がある?