過敏性腸症候群とは?腸内改善で治る?

過敏性腸症候群とは?腸内改善で治る?

過敏性腸症候群をご存知でしょうか。

医療機関の検査などで明らかな原因がないのにもかかわらず、腹痛や下痢などが続いてしまう症状のことです。

血液検査や内視鏡などを使っても異常が見当たらないのが特徴で、ストレスが主な原因だと考えられています。

直接的に命にかかわるなど大きな問題になるものではありませんが、長時間トイレに行くことができない環境にいることができなくなったり、腹部の不快感に悩まされ続ける症状が続きます。

今回はそんな過敏性腸症候群についてご紹介していきます。

―過敏性腸症候群とは―

過敏性腸症候群とは血液検査や、内視鏡検査を行っても腸などに異常が見られないのにも関わらず腹痛や下痢などに悩まされる病気です。

致命的な病気ではないですが、日常生活に支障をきたすことがあるので改善が求められています。

主な原因はストレスで、ストレスによって腸に加わる刺激に対して過度に反応してしまうことが原因です。

日常の生活の中で気づかないうちに徐々にたまっていくストレスによって引き起こされるため、日常生活の中でいかにストレスを溜めないかが重要になります。

自己の感情表現が苦手な人や、多くのことを抱え込みやすい人が発症しやすい傾向にあります。

―過敏性腸症候群は腸内環境を整えることで改善されるのか―

過敏性腸症候群は、腸内環境を改善しても症状が軽減されることはあったとしても治ることはないかもしれません。

理由は、原因がストレスであるということです。

腸内環境を改善することで下痢などの症状が緩和したり、ある程度の効果が期待できるかも知れません。

しかし、根本的な原因であるストレスを改善することが一番の治療になります。

まずは、新たなストレスをため込まないように日常生活を見直してみましょう。

日記をつけるなどして自分の一日の中で起きた出来事を見返し、その中でストレスになっていそうなものに赤線を引くなどしてストレスの可視化を心がけましょう。

その後、同じような状況になった場合の対処法を考えておくと次からストレスを抱え込まないように意識できます。

また、趣味に没頭するなど楽しい時間を増やすことも症状の改善につながります。

―まとめ―

過敏性腸症候群とはストレスが原因でなる病気で、腸に加わる刺激に過敏に反応してしまう病気です。

日常生活の中でストレスを溜めないことや、ストレスを発散する場面を作ることが重要ですよ。

◆いろいろ工夫しても、なかなか下痢体質が改善しないで下痢が続くときは、黒梅日和(くろうめびより)を飲んでみてください。

ストレスが原因の過敏性腸症候群の方も、黒梅日和でお腹が回復したという口コミも多いです。
黒梅日和(くろうめびより)のメリットとデメリットの対策

下痢だけでなく腸内改善で下痢体質の根本的な対策にもなる!と評価が高く人気です。

妊娠中や授乳中には、成分のガジュツ(紫ウコン)が少しだけ強く作用するので控えた方がいいです。

しかし男女ともに大人だけでなく子供や高齢者も安心して飲めます。

子供や高齢者は効果を実感しやすいので、少なめの2〜3粒から試すと安心で効果的です。
公式サイト↓
黒梅日和

u