過敏性腸症候群で腹痛も酷い!病院でも治らない!どうすれば?

過敏性腸症候群は病院に行って検査をしてもらっても、ほとんどの場合異常が見られません。

また、症状はあるものの身体に致命的な悪影響を与えるものではない一方、日常生活が普段通りに過ごせなくなるなどの弊害が出てきます。

主な原因はストレスのため、内科や消化器科などに受診しても治らない可能性が高いです。

改善するためには、日常生活を見直す必要があるのです。

そこで、今回は過敏性腸症候群とはどのようなものなのか、またどうすれば改善されるのかをご紹介していきます。

―過敏性腸症候群でひどい腹痛に―

おなかが痛い、ずっと下痢、腹部に違和感が、このような症状で病院に行き検査をしてもらったが、異常は見当たらず結局薬をもらって帰るだけ。

それに、もらった薬がほとんど効いてないと感じたあなたは、過敏性腸症候群の可能性があります。

過敏性腸症候群とは腸が刺激に対して以上に敏感になってしまうことで、腹痛や下痢などを伴ってしまう病気です。

主な原因はストレスのため、病院で処方してもらった薬などが効かない場合が多くあります。

また、慢性的になると常に症状が出てしまうため日常生活にも大きな支障をきたすことがあります。

―病院に行っても治らない―

腹痛や下痢がひどいということから、多くの人は内科や消化器科に行って検査をしてもらうと思います。

その検査の結果、腸などに異常は見られず薬を出してもらうだけで終わるということが多く、その薬も効かないのが過敏性腸症候群の特徴です。

原因はストレスによるもので、精神科や心療内科に行くのがベストです。

しかし、病院にかかる前に自身の日常生活を見直してみることが大切です。

ストレスが原因であるだけに、日常生活の中でストレスをため込んでしまうような場面が多い人は症状に悩まされ続ける傾向にあります。

また、慢性化してしまう人の場合ほぼ毎日ストレスにさらされており、そのストレスを発散することもできない状態にある人である傾向が強いです。

趣味に没頭するなど、自身のストレスを発散することで症状が緩和することが多くあるので、病院に行く前にまずは生活を見直してみてください。

それでもひどい場合は、心療内科か精神科に行ってみましょう。

―まとめ―

過敏性腸症候群の原因はストレスで、心療内科か精神科がベスト。

また、日常生活の中のストレスを排除することやストレスの発散を行うことで、症状が軽減することもあります。

◆いろいろ工夫しても、なかなか下痢体質が改善しないで下痢が続くときは、黒梅日和(くろうめびより)を飲んでみてください。

ストレスが原因の過敏性腸症候群の方も、黒梅日和でお腹が回復したという口コミも多いです。
黒梅日和(くろうめびより)のメリットとデメリットの対策

下痢だけでなく腸内改善で下痢体質の根本的な対策にもなる!と評価が高く人気です。

妊娠中や授乳中には、成分のガジュツ(紫ウコン)が少しだけ強く作用するので控えた方がいいです。

しかし男女ともに大人だけでなく子供や高齢者も安心して飲めます。

子供や高齢者は効果を実感しやすいので、少なめの2〜3粒から試すと安心で効果的です。

公式サイト↓
黒梅日和

u