久光製薬の乳酸菌EC-12で腸内改善でデトックスの理由

久光製薬の乳酸菌EC-12は、腸まで届く乳酸菌によって腸内改善ができます。

 

腸内環境が整うと、体内にたまった老廃物が排出できるのでデトックス効果が期待できますよね。

 

では、どうして乳酸菌EC-12で腸内改善ができるのでしょうか。

 

人間の腸の中には善玉菌と悪玉菌が存在し、そのバランスが大切なのはよく知られていることですよね。

 

善玉菌が少ないと、便秘がちになったり、むくみが出やすくなります。

 

善玉菌が少なくなる理由は、消化能力が落ちている場合や、野菜不足や栄養不足も関係してきます。

 

しかし、野菜を毎日400g近く、たっぷり摂取して腸内改善をおこなうのは日常生活においてはなかなか難しいし、現実的ではないですよね。

 

そこで乳酸菌の力を借ります。

 

乳酸菌は、腸内にすでに存在している善玉菌(ビフィズス菌)のエサになることで、ビフィズス菌を増やし、腸内改善をおこなうサポートをします。

 

これによって、腸内環境が整ってデトックスができるというわけですね。

 

ところで、ビフィズス菌や乳酸菌そのものが配合された薬やサプリはいろいろ発売されていますが、それを摂取するのはダメなの?と思われるでしょう。

 

しかし、ビフィズス菌や乳酸菌は、胃酸に非常に弱い性質を持っているので、残念なことに、この方法では腸に届く前に死滅し、消化、吸収、分解の過程を経て排出されてしまい、ほとんどが役に立ちません。

 

今回ご紹介する久光製薬の乳酸菌EC-12は、そのことを逆手にとって開発しています。

 

どうせ死滅してしまうなら、もとから死菌にしておいて、胃酸に強い加工処理を施し、確実に腸まで届かせることで、腸内の善玉菌のエサとして使えるようにしようという考えのもとで作られているのです。

 

あえて死菌を使うことで、ビフィズス菌を増やすサポートをしているのがポイントです。

 

このように工夫されて作られている乳酸菌EC-12なら、かなりデトックスが期待できますね。

詳しくは→久光製薬の乳酸菌(EC-12)まずはお得なお試し用で。

hisamitunyusankin

y