ベビー乳酸菌は、腸内環境改善で便秘ケアにもよい?

ベビー乳酸菌は、腸内環境改善で便秘ケアにもよい?

腸内環境が悪化することで引き起こされる便秘

特に世界的に見ても日本人女性は便秘に悩まされている傾向があります。

もともと私たちの腸内には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類が存在しますが、悪玉菌が優位に立つと便秘といった不調が現れるようになります。

逆に善玉菌が優位に立ち、さらに日和見菌を味方につけることにより、腸内環境は正常化され、環境が良くなることから便秘や下痢といった症状は自然と収まると言われています。

そこで、腸内環境の根本的な改善を目指すために取り入れたいのが、ベビー乳酸菌です。

今の世の中には数え切れないほどの乳酸菌サプリメント等が存在しています。

私たち消費者は、どの乳酸菌サプリメントも変わりがないように感じてしまっていますが、実は乳酸菌には様々な種類があり、ベビー乳酸菌が採用している乳酸菌は、動物由来でも植物由来でもないヒト由来の乳酸菌になります。

ヒト由来の乳酸菌「クリスパタス菌」は、日本人女性の産道に多く存在している乳酸菌となっており、赤ちゃんは生まれてくるときに産道を通って、このクリスパタス菌を譲り受けます。

クリスパタス菌には、免疫力を高めるサポート効果があるため、帝王切開の赤ちゃんと比較しても喘息やアトピー性皮膚炎、花粉症などといったアレルギー症状を発症するリスクが低いと言われているのです。

そんなクリスパタス菌を日常的に取り入れることにより、腸内環境を良好にしてなかなか改善されない頑固な便秘を解消することができると言われています。

また、ベビー乳酸菌は乳酸菌の種類にこだわって作られているだけではなく、ビフィズス菌も同時に配合していることがわかりました。

ビフィズス菌は乳酸菌と非常に相性が良く、同時に摂取することで相乗効果により善玉菌に働きかける高い効果があります。

さらに善玉菌を増やす餌になるとも言われているオリゴ糖や食物繊維を同時に配合することで、より腸内環境改善効果が見込めます。

また、乳酸菌は取り入れたいけれどもアレルギーがあったり、なかなか体に合わないと感じている方も、クリスパタス菌を採用しているベビー乳酸菌なら、小麦、乳、大豆といったアレルギー要素の持つ成分を一切配合していないので、どんな体質の方でも問題なく取り入れることが可能となっています。

私自身も若い頃から頑固な便秘で、ひどいときには便秘薬を使って無理矢理すっきりさせることもありました。

しかし便秘薬は使い続けると癖になるとも言われていますし、体に大きな負担をかけてしまうものです。

ベビー乳酸菌を日常的に味方につけることにより、便秘薬などを使わないとすっきりしなかった頑固な便秘にも働きかけてくれるため、慢性的な便秘に悩まされている方にもぜひお勧めしたい商品となっています。
ベビー乳酸菌の口コミ効果!他との違いは?

腸内環境が自然と改善されればお肌のコンディションも良好になり、さらにダイエット効果も実感できると言われているため、毎日の理想的なスッキリの為にも是非、ベビー乳酸菌を取り入れてみてください!

公式サイト↓
ベビー乳酸菌 春が好き

us