ヨーグルトはダメでもベビー乳酸菌は飲めるって本当?

ヨーグルトはダメでもベビー乳酸菌は飲めるって本当?

あなたは、ヨーグルトを毎日食べていますか?

腸内環境を整えるためにヨーグルトを毎日食べているという方は少なくないと思います。

しかし、ヨーグルトは食べられないという方も少なくないと思います。

例えば、牛乳アレルギーの方や牛乳を飲むとお腹を壊す人(乳の成分をうまく消化できない乳糖不耐症)は、ヨーグルトが食べられませんし、酸味が苦手でヨーグルトは食べられないという方もいると思います。

このような方は、ヨーグルトやチーズなどの動物性乳酸菌ではなく、漬物や味噌などの植物性乳酸菌を摂るようすると良いですよ。

乳酸菌の働きにより腸の動きが活発になり便秘の人は改善へと向かうと考えられています。

しかし便秘ではない人の場合は、腸の蠕動運動が強くなるので、お腹が痛くなることもあるかもしれませんね。

乳酸菌は、お腹に良いと言われていますが、動物性乳酸菌も植物性乳酸菌も、熱や酸に弱く腸に届くまでにほとんどは死んでしまうと言われています

乳酸菌の死骸も腸内環境を良くしてくれるとも言われていますが、やはり生きたまま腸まで届いて善玉菌を増やすことが理想的ですね。

そこで「ベビー乳酸菌」をオススメしたいと思います。

クリスパタス菌という乳酸菌が、ベビー乳酸菌の主な成分です。

ヒト由来の乳酸菌です。

クリスパタス菌は、母体の産道に多く存在し、生まれてくる赤ちゃんが外の菌に対して免疫をつけるために、お母さんの産道を通りながらクリスパタス菌を含めた乳酸菌を体内に得ていくと考えられています。

ですから、クリスパタス菌は、赤ちゃんに跳ね返す力をサポートしてくれる強い味方となります。

熱にも強いです。

しかし、クリスパタス菌を生まれた時にたくさん保菌していても、加齢とともに減少してしまうので、クリスパタス菌を「ベビー乳酸菌」というサプリメントで摂取すると良いのです。

ベビー乳酸菌というサプリメントでしたら、牛乳アレルギーの人や乳糖不耐症の人でも安心して摂取できます

ビフィズス菌やオリゴ糖、食物繊維も配合されているので、善玉菌の栄養になるサプリメントです。

最後に、簡単にまとめますね。

ベビー乳酸菌とは、クリスパタス菌を配合したサプリメントであり、ヒト由来なので腸との相性が良いです。

乳成分が含まれていないので、牛乳アレルギーの方や乳糖不耐症の方も安心して摂取ができます。

ビフィズス菌やオリゴ糖・食物繊維も配合されているので善玉菌の栄養になります。
ベビー乳酸菌は、腸内環境改善で便秘ケアにもよい?

腸内フローラをサポートして、美容や健康を維持したいけれど、ヨーグルトが食べられないという方にも、ベビー乳酸菌をオススメしたいと思います。

公式サイト↓
ベビー乳酸菌 春が好き

us