腸内環境改善成分の○○バイオティクス類の違いと効果

ヨーグルトのパッケージに「プロバイオティスク配合」等と表示されているのをよく見かけませんか?

プロバイオティスクスのほかにもプレバイオティクス、そしてバイオジェニックスなど、聞き慣れないけど似たような成分表示にわけがわからなくなってしまいます。

そこで、今回はこの3つの成分の違いについてまとめてみました。

まずは、よく耳にするプロバイオティクスについてです。

ヨーグルトに入っているようなイメージですが、プロバイオティクスとは人のカラダに良い働きをしてくれる細菌を意味します。

その代表的なものが乳酸菌やビフィズス菌です。

プロバイオティクスには、胃酸や胆汁に負けずに腸まで届くことや腸内で増殖できること、腸内フローラのバランス改善や腸内の腐敗物質を減らす効果があること、などの条件があります。

抗菌性物質の生産や病原性抑制作用も求められますし、もちろん安全性なども条件に入ります。

それらをクリアしたカラダに良い働きをする細菌を、まとめてプロバイオティクスと言うんですね。

ピロリ菌撃退に効果的といわれている「LG21乳酸菌」や抗アレルギーに効果的と言われる「ビヒダスBB536」、小腸に長く留まってメタボリックシンドロームを解消する効果があると言われている「ガセリ菌SP株」なども、プロバイオティクスです。

ヨーグルト以外にも納豆の納豆菌や、キムチや漬物、味噌等の発酵食物も腸まで届くプロバイオティクス食品なので、どれも積極的に摂りたいですよね。

ただ、食べ物だけでは十分に摂れない方や不足気味の方は、サプリメントの活用もおすすめです。

サプリメントの種類も豊富ですが、効果的な乳酸菌を5種類含み、肌荒れや赤ら顔改善にもよく便秘も解消すると口コミでも人気なのが「カルグルト」です。
カルグルトの口コミ効果!人気の理由

腸内フローラを整えるのに最適と評価も高く、飲みやすく美味しいという点も人気ですよ。
公式サイト↓
カルグルト

次に、バイオジェニックスです。

バイオジェニックスは、他の乳酸菌とは違い、死菌を主とする乳酸菌生産物質です。

乳酸菌生産物質と表示されることも多く、腸内フローラを介さずに直接体内に取り込まれます。

腸内の免疫機能を刺激してカラダ全体の機能活性を促し、結果的に腸内フローラにもよい影響を与えてくれるというものです。

こちらのサプリメントで評判なのは、「善玉元気」です。
善玉元気

腸内フローラを整えてくれるので便秘改善はもちろん、ダイエット効果も高いという声も多いですよ。
公式サイト↓


最後に、プレバイオティクスです。

最初に説明した「プロバイオティクス」に名前が似ていますが、プレバイオティクスとはこのプロバイオティクスの働きを腸内で助けるものです。

つまり、プロバイオティクスとプレバイオティクスを一緒に摂取すると、プレバイオティクスが栄養源となってプロバイオティクスを増やしてくれるというわけです。

性質としては、消化管上部で分解・吸収されず、大腸内で共生するビフィズス菌等の善玉菌の増殖を促進し、腸内フローラを健康的に整え、健康に有益な全身的効果を誘導するというもの。

各種のオリゴ糖や食物繊維がプレバイオティクスにあたります。

プロバイオティクスである乳酸菌(ヨーグルトやお漬物など)と、オリゴ糖などのプレバイオティクスを同時に摂取するというのは、腸内フローラ改善に大変有効なんですね。

オリゴ糖のサプリメントでおすすめなのは、「カイテキオリゴ」です。
カイテキオリゴで便秘改善と下痢も解消した体験

腸内フローラを整えて腸内環境改善になりますし、便秘改善にも肌荒れにもダイエットにも効果がありますよ。
公式サイト↓
便秘改善で腸内改善デトックスのカイテキオリゴ

DSC_0567
いかがですか?

ご自身の腸内環境改善に「これだ!」というものはありましたか?

成分名が紛らわしく区別がつきにくいかもしれませんが、それぞれの特徴を知って、腸内環境改善や健康維持にぜひお役立てくださいね。