腸内環境を整える為に避けたい悪玉菌が好む食べ物

腸内環境を整える為に避けたい悪玉菌が好む食べ物についてです。

 

腸内環境を整える食べ物といったら、まずヨーグルトやバナナが頭に浮かぶでしょうか?
食物繊維が豊富な食べ物もいいですよね。

 

では、反対に腸内環境を整える為に、避けたい食べ物をご存じでしょうか。
意外と知られていないかもしれませんね。

 

例えば、ハンバーガーなどファーストフードは、悪玉菌が好む典型的な食事と言われています。
また肉類全般は避けたいものです。

 

悪玉菌は、タンパク質やアミノ酸を分解し、悪臭のする有害物質を作り出します。

 

便秘や下痢、お肌が荒れたり、腸炎など、これらの物質が身体中に運ばれて、動脈硬化や高血圧などの病気の原因にもなります。

 

また、肉の食べ過ぎでニトロソアミンと二次胆汁酸が揃うと、大腸癌になるリスクが高くなります。

 

肉類の食べ過ぎは、腸内環境が悪くなるだけでなく、癌にかかるリスクまでも高くなるのですね。

 

腸内にいる腸内細菌(善玉菌と悪玉菌)のバランスが崩れて、悪玉菌の数が増えると、免疫機能が低下してしまいます。
その為、いろいろな病気にかかりやすくなります。

 

腸内環境が整っていると、免疫力も上がり病気にかかりにくくなるのです。

 

ファーストフードは、たまには食べたいと思いますし、絶対禁止もストレスになりますが、なるべく控えた方がよさそうですね。
0-08

肉類は、身体にとって必要な栄養素です。
肉と一緒に野菜をたくさん食べるといいです。

 

そして善玉菌を増やして腸内改善するサプリを飲むとより安心です。
腸内にたまった毒や老廃物をデトックスしてくれますから。

yu